Brook×NBCg ゲーム脳で生きる

Brook blog

WEBマーケティング 日常 金融、不動産

仮想通貨FXの話(bybit) その3

投稿日:

初心者講座3回目はbybitの操作方法です。

これまではFXの基礎の基礎をやってきました。

何となく流れは分かってきたと思います。

そろそろ実際のトレードに旅立ちたいと思うので、初期装備のご紹介!

指値、成行は分かると思うので省略します

分からない人はbybit 使い方とかでググってみてね!

まずはpost-onlyから

左にチェックを入れると指値限定になります。

指値注文をしても、現行レートと同値もしくは不利な指値をすると、成行扱いになってしまいます。

それを防ぐのがpost-only

これにチェックを入れると必ず買い(売り)板に並ぶようになります。

条件を満たしていない(同値や逆指値など)と自動でキャンセルされます。

テイカー手数料を極力払いたくないので、指値注文をする時は基本的にチェック入れておくといいでしょう。

次にreduce-only

これは今持ってるポジションを減らす取引のみに有効な方法です。

さっきの画面の右の方にチェックを入れてください!

bybitでは両建はできないので、チェックを入れてなくてもポジションは解消されるのですが、、、

損切が効いた時や、急激に価格変動があった時にロスカットなどでポジションを解消されてしまった時などに役立ちます。

例えば!

9000ドルでロングを持っていて9500まできたら利確しようとショートしていたとします。
さらに損切設定を8900ドルにしていたとします。

先に8900に行ってから、9500に到達した場合

損切が効いてポジションは0になり、9500ドルのショートを持つことになります。

しかし、reduce-onlyをつけていたら
ポジションは8900で損切されますが、9500ドルのショートは持たない状態になります。

このように意に反したポジションを持ってしまうことを避けるための取引です。

 

 

条件付き取引について解説します。

これ何に使うのって思ってる人多いと思います。

他に使い方あるかもしれないけど、主に逆指値のためかなーと思ってます。

bybitでは不利方向の指値を入れると即決済されてしまいます。

トリガー価格、注文価格に不利方向の指値を入れておくことで逆指値注文ができます。

トリガーも注文も同じ価格でオッケーです!

逆指値なんかなんでするん?って思ったそこのあなた

これはかなり使います!

最近の相場ではレンジ内で上下どっち抜けるか分からないことがよくあります

その時にどっちかに抜けるの確認してからポジション取りたいって場面が来ます

そんな時に逆指値でいくらまで抜けたらその方向にポジションを持つということができるんです。

損切にも逆指値は使います

ここ抜けたら一気に落ちちゃうから、抜ける所に損切置いておこう。それまでは損切せずに耐えたいって時とか、そんな感じです。

あとGTC、IOC、FOKのボタンがあると思うんだけど、僕はあんまり使ってません

横にある?マークを押したら説明が出るので読んでみてください。

以上が初期装備のご紹介です

これから始める人は必ず少額で相場感を掴んで下さい

僕はギャンブル感覚でやって5万が2日で1万になりました笑

次回からは少し実践的なお話をしていきますのでよろしくお願いします。

-WEBマーケティング, 日常, 金融、不動産
-, , , , ,

Copyright© Brook blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.