Brook×NBCg ゲーム脳で生きる

Brook blog

WEBマーケティング 日常 金融、不動産

仮想通貨FXの話(bybit) その1

投稿日:

こんにちは!今日はビットコインのFX取引について書くよ

今bybitのトレードの日本大会をやってて、現在130位です笑

画像1

上位7位までは賞金貰えるんだけど、絶対届かないな。

ギャンブルだと思って5万円スタートで、今18万くらいまで増えました!

必勝法ではないけど、最近の相場の感じやFXの基礎的な話をしようと思う。

まずは基本的なFXの話になりますが、外国為替と一緒で買いと売りどちらからでも取引を始められます。

ロング(買い)ショート(売り)と表示されています。

ロングだと安く買って高く売る。

ショートは逆に高く売って、安く買い戻すという仕組みです。

株式の空売りってやつですね。

なので相場があがると思ったらロングして、下がると思ったらショートします。これが基本の動きです。

次にレバレッジについて簡単に説明します。

レバレッジとは自分の投資額のx倍の取引ができる仕組みです。

例えばレバレッジ10倍で10万円投資(証拠金)していると100万分の取引をすることができます。

ハイリスクハイリターンってやつですね。

儲けも10倍になりますが、損も10倍になります。

bybitとかの海外取引所ではゼロカットといって、元手(証拠金)が0になると強制的に決済されてしまいます。

なので、レバレッジをかける時はロスカットラインを割らないように取引することが大事です。

次に手数料です。

これがかなり大事で、初めのころはこれのせいでかなり損してしまった。

メイカー手数料と、テイカー手数料というものがあります。

メイカー手数料というのは指値で注文をしていてそのトリガー価格で決済されたときに、手数料をもらうことができます!

できるだけ指値をおいて取引をすることで利益を確保しやすくすることができます!!

テイカー手数料というのは成行注文で決済したときに、逆に支払わなければならない手数料のことです。

初心者でやりがちなのが、成行でポジション取ってその5分後に逆に相場が動いたときに、ビビッてさらに成行でポジション手放して、逆方向の取引を成行で決済する、、、

これだけで2往復分(4回)のテイカー手数料を損することになります。

大体1,000ドルの取引で100円くらいとられるので、400円も取られることになります。

400円稼ごうとおもったら、約40ドル幅の差益をとらないといけないので、1回の短期取引分の利益相当額を手数料だけでマイナスにしてしまいます。

FX取引でかなり重要な部分なので、ここはかなり意識した方がいいです。

できるだけ取引の回数は少なく、ガチャガチャポジションを入れ替えずに戻ってくるのを待つように心がけています。

あと、もう一つ取引で重要なことがあります。

bybitでは資金調達手数料というものがあります。

これは1日に3回(9時、17時、1時)資金調達手数料というものがとられます。

bybitの画面上に資金調達率0.01%と基本表示されており、

これがプラスの率だと、上記の時間にロングを保持している人は手数料を支払います。

逆にショートを保持している人は手数料を受け取ることができます。

その時の相場によってショートが払うときもありますが、基本は0.01%です。

なので、1,000ドルのショートポジションをもっていると、1日3回0.1ドルずつ(10円くらい)もらうことができます。

長期的にポジションを持つときは、ショートの方が手数料面では有利で、ロングの方が持久戦になります。

ただ相場の動きからすると、ロングはじわじわ相場を上げていくことが多く、ショートは一気に落ちるので、

実際ショートを長くもっていることは少ないかもしれません。

なので、天井のショートポジション、例えば最近の相場だと10500ドル付近のショートを持ってる人は

手数料を稼ぎながら、気長にさらなる暴落を待つことが出来ます。

一般的にロングの方が簡単だといいますが、僕はショートメインで取引をしています。

これはそれぞれにあったスタイルがあるので、模索してみてください。

今日は基本的なことを書いてみました!気が向けば、最近の僕の取引の仕方についても書いてみようかなと思います。

-WEBマーケティング, 日常, 金融、不動産
-, ,

Copyright© Brook blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.